【TFT 9.22】セット2で使える10個のTips

参考元の動画

ヨリック x リピーティングクロスボウ

ヨリックのスキルで、味方チャンピオンが死亡する時にグールを召喚することが出来ます。
このグールはチャンピオンとしてカウントするので、リピーティングクロスボウを装備することが出来ます。

グールを利用すればクロスボウのスタックが15まで溜まることもあり、100のクリティカル率ととんでもないASを獲得できます。

アイスボーンガントレット x クラウド

アイスボーンガントレットは回避するたびにスロウフィールドを生成する効果があります。

ジャンナ x ヤスオでクラウドシナジー(味方全体の会比率アップ)を発動出来れば、アイスボーンガントレットを有効活動できます。

また特に、試合のフィールドがクラウドだった場合クラウドへクスの上にいるチャンピオンは30%の回避率を獲得するので、ガントレットを持たせるだけで盤面をスロウフィールドだらけにすることが出来ます。
キヤナ x ヤスオで序盤からクラウドシナジーを発動できた場合はさらに強力です。

ゼファーに関するTips

ゼファーは装備車のちょうど対象の位置にいる相手チャンピオンを5秒間無効化するという効果を持っています。さらに、今回から追加されたエレメンタルヘクスは基本的に相手と対称の位置に配置されます。

つまり、自陣のエレメンタルヘクスの上にゼファーを持ったユニットを配置することで、相手のエレメンタルヘクスを5秒間無効化することが出来ます。

ラックスに関するTips

ラックスは全てのオリジンとエレメンタルの中から一つにランダムに変化します。

そして、例えばライトのラックスを購入した場合そのあとショップに並ぶのは全てライトのラックスになります。

しかし、ライトのラックスを購入した後にシャドウのラックスが欲しくなった場合、ライトのラックスを売却してリロールすることで探しに行くことが出来ます。

便利なキヤナ

キヤナはゲーム開始時に決まるエレメンタルによってシナジーが変化します。

とくにマウンテンとクラウドになった場合が非常に強力で、通常これらのシナジーを発動するためには4ゴールドのユニット(マウンテンならマルファイト、クラウドならジャンナ)が必要ですが、キヤナがいればより早い段階で簡単に発動することが出来ます。

マウンテンならタリヤ、クラウドならヤスオを持っておけばキヤナを引いたときにかなり活躍してくれるでしょう。

ソフトカウンター

このセットではあらゆる構成が弱点となるカウンター要素を持っています。

大きなところでいうと、ワーデンとデザート。ワーデンは追加の物理防御を提供し、カウンターとなるデザートは物理防御貫通を持っています。

他にも例えばカジックスやベイガーは単体に対してワンショットキルを容易に行える非常に強力なチャンピオンですが、サモナーを相手にした時は召喚されたヴォイドリングやザイラの植物によって無駄な時間を使わされてしまいます。サモナーのカウンターとしては召喚をさせるマナを貯めさせないポイズンがあります。

バーサーカーとアサシン

このセットでは、バーサーカーやアサシンを付与するアイテムを作ることが出来ます。

バーサーカーは一番近くの敵に、アサシンは遠くの敵にジャンプを行いますが、では、バーサーカーになったアサシンやアサシンになったバーサーカーは何処へ飛ぶのか?

答えは基本的に一番遠くの敵に飛びます。アサシンと同じ仕様です。

序盤を支えるウッドランドドルイド

ウッドランドとドルイドは、低いコストのユニットしかいない代わりに強力なシナジーを備えています。

アイバーンとマオカイでタンクラインを整えて、ヴァルスのような後方からダメージを出すチャンピオンと合わせれば序盤を支える非常に強力な構成になります。

また、ウッドランドの効果でコピーされるユニットはアイテムを引き継ぎません。
アイテムを引き継げるのはゼドのコピーだけ。ウッドランドのコピーは素のユニットの性能です。

サモナーのダメージ

試合に負けた時、サモナーのペットは基本プレイヤーにダメージを与えません。

基本的に、ペットの所有者(グールであればヨリック)が死んでいる場合にのみ、ペットの所有者分のダメージを与えます。

例えば、試合終了時にザイラのペットしか残っていなかった場合、相手にはペットではなくザイラがダメージを与えた判定になります。

ユニットのプールの変更

ゲームに存在する1チャンピオンあたりの数が減っています。

書いてある通りですが、つまり、欲しいチャンピオンを持っているプレイヤーがたくさんいたら、「今まで以上に」そのチャンピオンを手に入れるのが難しくなっています。

逆に誰も目指していない構成のチャンピオンは相対的に出やすくなっています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする