そもそもなんでチャンピオンは戦ってるのか

なんでこいつら争ってんだ?

皆さんは疑問に思ったことはないでしょうか。
我々サモナーはチャンピオンを召喚して戦わせるわけですが、チャンピオンからしたらたまったものではありません。
勝手に召喚させられて争わされるわけですからね。しかも刃物とか魔法とかバリバリ使ったガチの殺し合いです。戦争の駒かデスゲームやらされてる被害者みたいなものです。

シェンとゼドが共闘してたり、ザヤとラカンが争っていたりと、通常こういうメタ的な部分はあまり説明もなく、そういうものだと思うしかないわけですが、wikiにそれっぽいのが載っていたので、引用します。

世界の物理的および政治的不安要素への直接的な対応策としてValoranの重要な魔術師たち(多くの強力summonerを含む)は、紛争はコントロール可能にシステム化された方法で解決される必要があると結論を出した。彼らは、Varlonにおける政治的衝突の規律正しい解決を監督することを目的とする、League of Legendsと呼ばれる組織を設立した。戦争についての綱領において、LeagueはValoranの政治団体からLeagueにより提供される組織化された紛争の勝敗を司るための権威を与えられた。

Leagueはすべての主要な政治的衝突は、Valoranの各地に戦略的に配置された、特別に用意されたアリーナを用いて解決されなければならないと決議した。特定の政治的忠誠を表するSummonerたちはそれぞれがチャンピオンを召喚する。チャンピオンは、未熟なSummonerがNexusを操作して生み出す心の無いminionを率い、目的を達するために戦う。最も一般的な勝利の状況は、敵対する派閥のNexusを破壊することだろう。これらのアリーナはThe Field of Justiceと総称される。

Leagueが指揮する、Field of Justiceにおける各種の戦いは、Valoranにとって大きなな政治的な関心事であるだけではなく、社会的な関心事でもある。Leagueは戦闘の映像と音を魔法によって転送し、Valoran各地の主要な村落に位置する秘密の受信機によって展開することができるようにしている。Field of Justibeでの戦闘を見ることは、Valoranの住人が営む娯楽の中でも特に面白い部類に入る。

まぁざっくり要約すると、

  • サモナーたちのいざこざをちゃんと形式的な何かで決着つけたい
  • League of Legends という組織作って決めてもらった
  • ルールはお互いにチャンピオン召喚してネクサス割ったら勝ち!
  • 興行として面白い!観戦して楽しもう!

凄い適当ですが、こんな感じでしょうか。

普通に戦争の駒だったしデスゲームやらされてる被害者でもあった・・・

我々サモナーの愚行に付き合わせていたと考えるとちょっと心が痛みますが、

文章読んだ感じなんとなく本物のチャンピオンじゃなさそうですね。召喚してるのは伝説のチャンピオンを模したアバター的なものじゃないのかな。

現代でいうと、安倍総理が織田信長とか召喚して戦ってる感じ?

何それ面白そう。

そう考えるとなんかCivilizationみたいだなーと思いました。
Civ,面白いのでみんな買ってください。

ちなみに、wikiに載っていましたが公式の発表かどうかは確認できていません。少なくとも2012年から変更されてないので、あんまり信用ならんですね。

今でもboardで議論されてるみたいでやっぱり非公式っぽいですが、こういう所考えるのは面白いですね。

詳しい人いたら教えていただきたいです。

ggwp

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする