序盤のガンクケアとワードトーテムの限界

今回は視界を確保する基本アイテムであるワードトーテムと序盤の置き方についてです。

ワードトーテム概要

クールダウン: 240 – 120秒 (1-18lv)

効果時間: 90-180秒 (1-18lv)

  • 試合開始時に1個獲得。
  • 最大2個まで所持可能。

レベルが上がるごとにクールダウンと効果時間が上昇します。

2個目のワードが手に入るのがちょうど4分のタイミング。
13Lvでようやくクールダウンと効果時間がほぼ同じになり、ワードトーテムだけでひとつの視界を取り続けることができます。

ワードトーテムは言わずもがな視界を取るためのアイテムですが、その前になぜ視界を取る必要があるのか考えて見ましょう。

  • ガンクを回避するため
  • 相手の位置を把握してカウンターアクションを取るため
  • ドラゴン、バロン、バフなどオブジェクトのチェック

大きく分けるとこの3つになると思います。

ただ、後者二つのカウンターアクションやオブジェクトのチェックに関しては主に中盤以降の動きになり、ワードトーテムの数には限界があるので、序盤のレーナーはガンクを回避するために使うことになります。

序盤のガンクケア

さて、レーナーはとにかくガンクを刺されないように視界を取らなければいけません。

気を付けるべきはジャングラーとmidのロームですが、開始5分程度まではロームが来ることはほぼ無いので最初はジャングラーの位置を探ることに注力します。

ここでまず覚えておきたいのは、
ワードだけで完璧にガンクを防ぐ方法は無いということです。

序盤はワードトーテムのクールダウンがめちゃ長い上に、コントロールワードがないファーストリコールまでは一か所しか視界をとれないにもかかわらず、ガンクのルートがそれよりも多いからです。

開始5分でガンク刺されて死んでる味方をよく見ますが、そんなことでいちいち炊いてるようではこのゲームはまともにプレイできません。
そういうものだと割り切ることも時には大切です。

ただ、うまく立ち回れば多くのガンクはケアできます。

置き方やタイミングで結構変わるので、最大限うまくワードトーテムを利用しましょう。

最序盤の立ち回り

レーン戦が始まる前の開始1分30までは川の視界を確保しましょう。
両サイド取れるのがベストです。
視界を取りに行くときに、相手ジャングラーが映ったらどのバフから始めるか予想できるのでちょっと気にしておくといいです。

川の視界は、ジャングラーとBot組のどちらかで川の視界を取るのが理想です。
ワードの数に余裕があるので。

2個めのワードを獲得できるタイミングは、試合開始からちょうど4分後です。

Top / Midがワードを置いたらガンク刺されるリスクが高まります。
逆に誰が置いたか把握できると若干アドバンテージになります。

川の視界を取る理由はカニがいるからです。多くの場合相手ジャングラーを補足できます。

川にワードを使ったレーナーは4分までは視界の確保をできないことを覚えておきましょう。

川に相手ジャングラーが映った場合

当然付近のレーンはガンクを警戒しましょう。
midは反対側の立ち位置を取って、Top/Botはレーンを引きます。

ここで、反対側にいるレーンの人はしばらくワードを温存できます。
相手ジャングラーが反対側にいるとわかってるならワードの効果時間を無駄にしないようにしましょう。

また、味方のジャングラーが何かしらカウンターアクションを取ってくれる可能性があります。逆サイドのカニを取るとか相手の森に入るとかしてくれたらワースです。

相手ジャングラーが映らなかった場合

まだカニが生きているので、そのうちどちらかのジャングラーが絶対に来ます。

味方が反対側のカニを取っていたら相手ジャングラーが来る可能性が非常に高いので、めちゃくちゃ警戒しましょう。

特にTop/Midが最初川にワードを置いてた場合4分までは視界が取れず、ワード上がったタイミングで直ぐにおいてしまうと今度はそのワードが切れた後、こんどは約2分間視界が取れない状態になります。

こうなるとガンクを避けるのは難しいため、レーンを引くことが大切です。
もしプッシュしてる時は押し付けてリコールするのが最高ですが、無理そうなら普通にリコールするのもいいし、

スクライヤーブルーム(青い丸の位置)

を使ってチェックするのも良いです。
ジャングルと鉢合わせる危険もあるので、相手レーナーの動きを見て挟まれそうならやめておきましょう。
また、川にハニーフルーツがあればついでに食べておきましょう。

ファーストリコール後

できればコントロールワードを買っておきたいです。
ワードをのクールダウンが伸びてくるので視界管理しやすくなりますが、今度はMidやSupのロームが始まる時間帯になり、ドラゴン、ヘラルド、タワーダイブなど取れる戦略にも幅が出てくるので、ケースバイケースで対応する必要があります。

まとめ

他に視界に関する知識として視界スコアの記事も書いているので、是非ご覧ください。

ちょっといそがしくなってきたので、これから大体週に2~3回程度の更新になると思います。
宜しくお願い致します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする