シーズン8終了と今後の方針について

こんにちは。pupeponです。

シーズン8が終わりました。私のシーズン終わりのソロQは闇に呑まれていましたが、皆さんはどうだったでしょうか。

ボコボコにされた結果、1週目のジャングリングのルートが弱いってことに気づけたのでワースです。

なんとかゴールドには留まっていられたので、栄光スキンは死守できました。
なんだかんだ初めてゴールド行きました。もともとノーマルばっかりでランクあまり回さない質なのですが、やっぱランク上がるとモチベーションも上がっていいですね。

次シーズンはチャレに行きます。

このブログの立ち位置

もともとこのブログは、色々調べてる上でLoLの日本語wikiあんまり役に立たんなーってところから個人的に調べた情報まとめたかったので始めました。

そろそろ初めて2ヶ月くらいで更新頻度が大分落ちてきているんですが、普通に忙しかっただけでLoLのモチベーションは落ちていないので、これからもボチボチやっていくと思います。

今までもそうなんですが、パッチノートの解説や流行りのビルドの解説なんかはあんまりやりません。他の人がいっぱいやってくれてるからです。

そういう理由から今までは細かいシステムの解説なんかの記事を多めにしていたんですが、そろそろネタ切れに近いですね。

なので、システムの解説をやりつつちょっと趣向を変えて更新していこうと思います。

メタの変遷と流行り

統率の旗、ファンネリング、ファイターbot、魔道書アーゴットにビクタートップなど、メタによって様々な戦略が生まれては消えて行きます。

今トップレーンではアーゴットとビクターが暴れていますが、それが今のメタにおいて最善なピックかというと私はそうは思いません。

ねこばばビクターはもともとパワーがあった物が「発見」され、new metaとして使われるようになりました。
140体を超えるチャンピオンで様々なビルドがある中、まだまだ発見されていないmetaがあるはずです。

そういうのを探していくのが好きなので、Newmeta研究会の名の通り、研究したNewmetaをまとめていこうと思います。

トロールとNewmetaは紙一重

インティングサイオンフィードカーサスは知らない人が見たらただのトロールでしょう。

フィードカーサスに至っては、勝率60%あるにも関わらずトロールとみなされてBANされています。
例え強いメタを見つけたとしても、毎回うまくいくわけではありません。ねこばばビクターもフィードする人はするし、それが最初に試して慣れていない時だったらなおさらトロールに見えるので周りの理解が必要です。

私は基本的に勝つつもりでゲームをやってるなら大体許せます。

Riotがトロールを推奨?

プレシーズンの変更に合わせて、こんな動画がLoLのホーム画面に公開されました。

Riotいわく「自分だけのメタを形作る方法が増える」そうです。
賛否両論あると思いますが個人的にはすごくいい動画だと思います。

私は結構変なピックをしがちなので、新しいメタを試すことはトロールじゃないってことが浸透してくれればなーと思います。

ただ、何の強みも感じられないピックは良くないと思います。こういう所が強い!みたいな考えがあってこそのトロールピックです。

まとめ

今自分の中でキテるのが、アイバーンサポートですね。
アイバーン実装されたときから定期的に試してたんですけどことごとくボコボコにされてました。

今までとはちょっと違う運用を考えたので、また今度記事にしたいと思います。


League of Legendsランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする