初心者が教えるDota Auto Chessの魅力。

私は主にLoLをメインにプレイしていて今もやっているんですが、最近Dota Auto Chessをプレイしてめちゃくちゃ面白かったので布教するために記事を書いていこうと思います。

まず知っておいて欲しいのが、私はDota Auto Chessをプレイし始めてまだ3日です。一度も1位を取ったこと無いです。クソ雑魚です。

Dota Auto Chessの魅力!

全然勝てませんが、それなりに楽しくプレイで来ているのでどんなところが魅力的なゲームなのかまとめてみました。

其の一 とっつきやすい!

私は普段League of Legendというゲームをよくプレイしているのですが、ゲームが複雑すぎて最初の頃は何が楽しいのが全くわかりませんでした。ロクな説明もないままAIにボコボコにされ、ようやくAIに勝てるようになったら対人戦で心を折られ、それでもやり続けて100戦くらいこなした頃にようやく面白さがわかってきます。

それに比べDota Auto Chessは、3戦くらいやれば大体面白さがわかります。
なぜなら、やることが非常にシンプルだからです。
似たような駒を集めていく。
基本やってる事はこれだけです。本当にこれだけです。
反射神経も、操作技術も必要ありません。
ショップ見て欲しい駒があるか探すだけ。あったらポチる。それだけ。

それだけなのに楽しいのが、Auto Chessの凄いところ。

其の二 奥が深い!

私は20戦くらいプレイしましたが、まだ一度も1位を取ったことがありません。
8人で対戦するので、一度も取れていないのは単純に私のプレイスキルが無いからです。

やることはショップ見てポチるだけなのですが、どの駒が店頭に並ぶかは完全にランダム。
当然欲しい駒がショップに並び続けることは稀です。
そこで、状況に合わせて手札を変えることが重要になってきます。

運に左右されるのは間違いないですが、それ以上に先を見据えて強い手札を作っていくのがこのゲームの醍醐味であり、麻雀と呼ばれる所以です

其の三 ガチャが楽しい!

人類とガチャは常に争ってきました。

射幸心を煽られ戦いを挑んでも、そうそう上手くは行きません。
誰もが数々の爆死を経験し、欲しいキャラは必ず友人が引き当て、ようやくSSRが来たと思ったらダブる。ガチャとはそういうものです。

なぜ人類とガチャは仲良くなれないのか、それはガチャを回すのにお金がかかるからです。
生きてく上で必要不可欠なお金を消費してガチャを回すということは、すなわち命を削りながらガチャを回しているのと同義です。

Dota Auto Chessでは命を懸ける必要はありません。
無料プレイできるので、プレイし続ければ何度でもガチャを回すことができます。
更に、無料と言っても一人でガチャシミュレーター回してシコっているのとは違います。
Dota Auto ChessではガチャでSSRを引けばドヤ顔で対戦相手をグチャグチャに出来るのです。

その時あなたは脳汁が溢れ出し、勝利を確信して悦に入ることでしょう。

どれだけ戦略を練ろうと、運が悪ければこのゲームで勝つことは出来ません。
初手で国士無双を揃えれば誰でもプロ雀士に勝てます。

雑な感想

ガチャの運要素が強いので初心者でも既存プレイヤー相手に一方的にボコボコにされることがないし、ゲームの性質的にToxicなプレイヤーもおらず初心者狩りもできないので、新規が凄い遊びやすいゲームだと思います。
esportsやらない人にLoLやろうぜって人を誘うのは結構気が引けるんですが、Dota Auto Chessなら誘える。
初心者と上級者が一緒に楽しめる対戦ゲームって結構珍しいので、やろうか迷ってる人はとりあえず3戦やってみてください。

友達を誘うとなお楽しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする